インドへ行きたい

昔にプログラマをやっていた僕は、システム開発現場で中国人、インド人と接する機会が多かった。そのせいか、僕のインドのイメージはITと数学。システム開発のアウトソーシング先に中国と肩を並べているインドでは、みんなが九九を2桁まで暗記していて、きっとカレーを食べながら、システム開発してるんだろうと勝手に思っていた。
しかし、去年、たまたまインドなんて二度と行くか!ボケという本を読んで、そんなイメージは一気に崩壊した。

  • インドの街中は野良牛だらけなのか?
  • トイレの紙は本当にないのか?
  • 町はウンコだらけなのか?
  • インド人はみんな嘘つきなのか?
本を読んだだけでカルチャーショック。facebookで知り合ったインド人に早速メールを送ってみた。
" I read a Japanese travel diary that he went to India.
Please tell me is the Indian a liar?
I am wondering whether to go on a trip. Is it dangerous for Japanese? "
そしたら、あっさりしたウソっぽいメールが帰ってきて、ますます自分の目で見てみたくなった。
" India is a safe place to travel. "
実は今年のGWは家に籠って仕事する予定だった。でも、せっかくの長期連休なので、やっぱり旅行に行くことにした。行き先は、もちろんインド。ネパールでヒマラヤトレッキングもしたかったが、2カ国まわる時間はなさそうなので諦めた。いつか行きます。

ちなみに、ちょうど1年前はカンボジアに行った。その時の旅行目的はボランティア。

今回は特に目的はない。インドに行って、パワー充電するのだ。しいて言えばカレーかな。ココイチのカレーをウマイと思う僕。果たして、インドのカレーはウマイのか?

インドツアーはSTW

ツアーはSTW(エス・ティー・ワールド)で申し込んだ。 GWのギリギリに申し込んだので、他になかった。 ここはツアー料金が安めだけど、ちょっと頼りないエージェント。 若い担当者は、営業時間の終わりが近づいてくるとちょっとソワソワしてくるし、話す内容がガイドブックと同じでリアリティがない。
たぶん、人件費を抑えているから仕方ないのだろうけど。頼りないとこっちが不安になってします。

僕はバックパッカーとツアー旅行者の間ぐらいに位置している気がするので、ちょっとややこしい客かもしれない。 ツアーで申し込む以上、ツアーのデメリットは受け入れているのだが、旅行代理店には最低限の知識とサービスを求めてしまう。

インドツアーの内容

今回は休みの時期をずらせなかったので、完全にゴールデンウィークに行くことになった。 だから、ツアー料金がえらい高い。10万以上するツアーは初めてです。 デリー(首都)、アグラ(タージ・マハル)、バラナシ(ガンジス川)の3都市で9日間。 都市間の移動は電車で12時間。デリーの3日間はホームステイでその他の都市は三ツ星ホテル。 インドの地図
紫:デリー、オレンジ:アグラ、赤:バラナシ

インドのビザ取得

インドビザ取得の注意点はこちら

事前準備

出発ギリギリまでバタバタと仕事をしていて、例のごとく、準備をしたのは出発前日。準備といえば、スラムドッグ$ミリオネアの映画を見たことぐらい。ムンバイが舞台で、スラムの子供が主人公の映画ですごい面白かったけど、スラムに行くのは怖いな。
スラムドッグ$ミリオネア [DVD]
前日にガイドブックを読んだら、5月は平均気温が50度近くになるとのこと。GWはインド旅行には適してないようです・・・。
ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ

コメントする

このブログについて
デリー、アグラ、バラナシ3都市のインド旅行。 デリーでホームステイと観光、アグラのタージマハル、寝台列車、ガンジス川の沐浴、トイレ事情、カレーなど、お決まりのインド旅行9日間:2010年

インドガイド

スポンサー