インド旅行1日目 デリーのホームステイ先へ到着

飛行機は12時のエアインディア。 最寄り駅で乗り換え案内で調べたら、 東横線は、成田エクスプレスに乗れば、武蔵小杉から成田へ直通!ということを知る。 すごい便利!1時間20分ぐらいで着いちゃった。
GWのためか、空港はすごい混んでいる。列に並んでいるだけで1時間かかった。 せっかく早く空港着いたのに、何もする暇なく搭乗時間になった。非常に残念。
エアインディア

エアインディア

飛行機では、席にテレビがなくて、すごい退屈。映画を見れない。 機内食は、チキン or ベジタブル。もちろん両方カレー。チキンカレーは美味かった!

食事の後は、窓を閉じて、機内の電気を消された。 もう寝ろ、ということなんでしょうが、日本時間ではまだ昼過ぎ。14時ぐらいですよ。外も明るいので寝れません。

暇だったので、大前研一の「50代からの選択」と「シネマ落語」の本を読みました。両方面白かった。あと、音声から原稿起こしも2本やった。なかなか有意義だったが疲れた。9時間は長い。

インドの首都デリーに到着

9時間ぐらいかかってデリー・インディラ・ガンジー空港に到着!

到着は1時間ぐらい遅れたので、現地時間で18時前でした。日本との時差は3時間半。日本時間だと21時ごろ。思ってたほど暑くない。

空港に付いたら荷物を取って両替をしました。 インドの通貨はルピー。1ルピーがだいたい2円とガイドブックに書いていたが、空港でのレートは1万円で4440ルピー。 とりあえず9000円だけ両替した。

レシートくれ。と言ったら、しかめっ面して、レシートはNO、とか言う。
はっ?なんでよ、レシートくれよ、って言っても、NOと言う。イヤそうな顔。
しつこく言い続けたら、やれやれという感じでやっとレシートくれたけど、めちゃくちゃ嫌そう。ぶつぶつ言ってた。

面倒なんでしょうか?

顔が悪そうなヤツだったので、間違ってないかしっかり数えたけど大丈夫でした。ちなみにレシートは何を書いてるか読めない。

空港で両替したときのレシート

インド人ガイドと合流

その後、ガイドと合流。背が低い男性のガイドの名前はチャオラさん。彼といろいろ話しながら車まで移動。

インドでは、5月が1年で1番暑い時期。50度になることもあります、と言われた。本に書いてた通りだ。ただ、この日は雨だったので、まだマシらしい。でも、気温を見ると38度。もう夜なのに。明日からが心配です。

チャオラさんが昨日までガイドしていた日本人旅行者は暑すぎて熱射病になって、 毎日鼻血が止まらなくて、ホテルで寝てたそうだ・・・。暑すぎて鼻血が止まらないなんて聞いたことないよ。

暑さが未知数。5月は一番暑い時期と出発前に知ったが予想以上かもしれん。 ちなみに、こっちの人は雨が好き。宗教上、雨は恵みを意味するから。

ホームステイの家へ向かう

小さな車に乗り込んで、ホームステイ先に向かう。車の中はすごい甘い匂い。お香のようだ。 空港からの道はすごい大渋滞で、クラクションを鳴らしまくって進む。今日は雨だったから、道路が水浸しで渋滞なのだ。

車の中で、ガイドのチャオラさんから旅行中の注意が伝えられる。
インド人は嘘つきが多いです。信用してはいけません。
うむ、なるほど。インド人が言いますか。1つ目の疑問はクリア。

真っ暗な中、車はスピードアップ。本当に真っ暗。
デリー・インディラ・ガンジー空港から送迎
車がボロいものだから、雨よけのワイパーを使うと、どんどん前が見えなくなる。街灯もあんまりないし、ほんとうに真っ暗。 途中でドライバーが降りて、雑巾で窓を拭いてました。

よく見ると、フロントガラスには大きなステッカーが!なんと神様のステッカーだ。インドでは神様がアイドルのシールみたいに貼られている。 1時間ほど走って、宿泊する家に到着。
インドホームステイの家
ええ!これがホームステイの家?というのが第一印象。

勇気を振り絞って車を降りて、ガイドに連れられるまま家に入る。

路地が真っ暗で怖い。

ホームステイ到着

ロビーに通されると、主人のグプタさんが日本語で迎えてくれた。ガイドが手続きしている間、ソファに座って、しばし待つ。大金持ち、というわけではなさそうだ・・・。

グプタさんがこっちに来て、簡単に挨拶。彼は15年前からホームステイをやってて、仕事はこれだけのようです。ホームステイはやはり儲かるのでしょうか。

彼の弟は埼玉で貿易の仕事をしているので、グプタさんは日本に何度も来てて、日本語もしゃべれます。 そういう経緯で彼はホームステイを始めたので、彼の家には日本人しか泊めないようです。

日本人が一番トラブルが少ないのでしょう。 いい仕事だ。やっぱり俺もやりたい。

インド人と日本人が組んで、日本でビジネスすれば、絶対資金を2倍にできるという話を2、3回力説してました。

ホームステイの部屋の様子

その後、部屋に案内してもらって、部屋の説明を受ける。グプタさんの娘さんのシルビさんが部屋の説明をしてくれた。 彼女は大学生でビジネスを選考している。19歳だったかな。 ガンジス川は1回だけ入ったことあるそうだ。 インドホームステイお湯のタンク
シャワーはお湯が出るまで30分かかるそうだ。このタンクでお湯を沸かすのだ。
インドホームステイの部屋の照明
照明は暗い。

ホームステイのトイレの様子

インドホームステイの家のトイレ
気になるトイレはこんな感じ。トイレットペーパーはありました。 インドのトイレにかならずあるバケツ
インドのトイレには必ずバケツがあります。

ノドが渇いたので、水をくれ、というとペットボトルに入ったお水をもってきてくれた。 しかし、ペットボトルの口の部分を見ると、随分汚れている。飲むべきか飲まざるべきか・・・。 ここの家の水は 2回ろ過してるから絶対安全だと豪語してるが、ちょっと心配。

ちょっと家の回りをブラブラしつつ、水でも買いに行こう。と思ったが、トラブルの元だから夜は出かけるのは止めとけと言われました。今日は疲れたので大人しくしとくことにしました。 家の周りにはスーパーも何もなくて、駅も遠いそうだ。出歩けないのは厳しい。 水が買いたい。

パソコンを充電しようとコンセントに繋いでみるが、繋いだ途端に部屋の電気が消えた。怖くなって、すぐ電源を抜いた。 パソコンが壊れたら最悪だ。飛行機でパソコンをずっと使ってたので、すでにバッテリーがヤバイ。いつまでパソコンを使えるのか。 無線LANはないようです。ネットには繋がりませんでした。

インドについてからくしゃみが止まらない。

ホームステイでの初日の食事

遅い時間に到着した僕らのために、おばさんがカレーを料理してくれた。ナンではなく、ライスです。うまかったです。そんなに辛くない。 グプタさんの家には他にも日本人が泊まっていて、食事は他の日本人と一緒に食べた。 みんな女の人。ツアーでインド旅行する人はほとんど女の人だそうです。

若い女の子が、インドは長年の夢で、やっと来ることができました!と目をキラキラさせてました。 インドには人を惹きつける何かがあるようだが、それが何かはまだ分かりません。

ちなみに食後に300ルピーを請求された。初日の食事は付いてなかったのだ。渡された紙を見てみると確かにそう書いている。結構高いですね。

嫁がヨガをやっているから、明日の朝やらないかと誘われる。 おっ、やってみたいと思ったが、1時間500ルピーだそうです。お金取るのね。そして高い。 何人ぐらいヨガに参加するんですかと聞くと、君たちだけだ。と言う。 うむう。なんか素人っぽい。 こりゃ、グプタさんに何か頼むと、何でもお金を取られそうだな。

屋上で雑談

食後に、屋上に上がって話していると、隣のアパートの屋上から子供たちの声がする。 よく見てみると真っ暗な中で子供たちの影が動いている。屋上に住んでいるですね。

インドでは、カースト制度があって、部屋が下のほうが身分が上で、部屋が上に行くにつれて、身分が低い人が住んでいる。屋上は暑いのだ。だって、夏場は50度なんですから。

昼間は暑くて死ぬんじゃないか。

屋上でいろんなトラブルの話を聞く。

  • インドで睡眠薬で眠らされて、身ぐるみはがされる話。
  • ガンジス川に入って、1時間で下痢になった人の話。ガンジス川には入らないほうがいいのかな。
  • マラリアになった人の話。


雑談を1時間ほどして寝る。
ガイドやホストファミリーを含めて、僕はまだインドが信用できていません。
ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ

コメントする

このブログについて
デリー、アグラ、バラナシ3都市のインド旅行。 デリーでホームステイと観光、アグラのタージマハル、寝台列車、ガンジス川の沐浴、トイレ事情、カレーなど、お決まりのインド旅行9日間:2010年

インドガイド

スポンサー