インドの世界遺産アグラ城塞の観光

アグラ城

インドの世界遺産はアグラのタージマハルが有名だが、同じ場所にアグラ城という世界遺産もある。観光ツアーではだいたいセットで観光する。

アグラ1558年にムガール帝国は首都をデリーからアグラへ移した。その時の皇帝のお城がアグラ城です。 アグラ城を作ったのは、第3代皇帝アクバルという人で、赤砂岩で城壁で囲まれてるので「赤い城」と呼ばれてるようです。(赤色は帝国の力強さの象徴)
イスラムなので、内部にはモスク(礼拝する場所)が建ち並んでいます。
アグラ城
知らんオッサンと話すガイド。たぶん、賄賂です。
アグラ城
修学旅行生っぽいインドの子供らが話しかけてきます。

日本人と知ると、さざえ!と叫びます。 サザエさんのことでしょうか?? 地方から来たインド人には外人が珍しいようで、目があうと話しかけて来る人が多かったです。
アグラ城
インド人の修学旅行とかで来てるような雰囲気。学生がたくさん来てました。
アグラ城の内壁
第5代皇帝シャー・ジャハーンが自分の好みに合わせて、アグラ城の内装を白大理石を使った華麗な宮殿に仕上げたので、中に入ると大理石が使われてます。こいつがタージ・マハルも作ったそうですが、大理石で金を使いまくるので、皇帝の座を狙っていた息子によって城内に幽閉されたようです。

幽閉された場所はムサンマン・ブルジュ(ジャスミンの館)と言います。
アグラ城から見たタージ・マハル
アグラ城からタージ・マハルが見えます。

タージマハル観光はこちら
ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ

コメントする

このブログについて
デリー、アグラ、バラナシ3都市のインド旅行。 デリーでホームステイと観光、アグラのタージマハル、寝台列車、ガンジス川の沐浴、トイレ事情、カレーなど、お決まりのインド旅行9日間:2010年

インドガイド

スポンサー