インドで占い体験

本日のアグラ観光はタージ・マハルで終了なのですが、「この後に占いをしようぜ。」とかなりガイドが押してきます。僕は占いに興味ないのですが、他の日本人旅行者が占ってもらうということなので、ギャラリーとして見学に行きました。

連れて行かれたのは五つ星ホテル。たぶん、ジェイピー パレス ホテル コンヴェンション (Jaypee Palace Hotel Convention)だったと思う。すげーキレイ。ひろーい。 ホテルのキレイさに圧倒されて、俺も占ってもらおうかな、と思った。
キレイなホテルの一室に入っていくと、おでこに赤いポッチがついたガタイのいいオヤジが椅子に座っていた。占いの値段はだいたい1時間で500ルピー。普通は500ルピーよりもっと高いんだけど、常連だから安くしてもらってるんだよ。とガイドは言ってたが本当か分からん。

占いは、手相でもカードでもない。単に相手を見て占う。癖のある英語でおこなわれた。完全には聞き取れなかったが、だいたい以下のようなことを言ってた。
君は才能ある旦那と出会って、子供を2人連れて、またここにやってくるだろう。 35才で才能が開花して、音楽に携わる仕事をしてる。89歳まで生きるね。 最後に、君のラッキーストーンはイエローサファイヤだ。それを買えばこの占いを100%保障するが、買わなければ言ったことは保障しないぜ
笑ってしまうのだが、これが真剣なのか、営業なのかが本当に分からない。インド人はストーンのことで薬(メディセン)と呼び、僕が出会ったインド人はみんな指輪をしていた。

インド人は仕事や結婚などの人生の転機には必ず占いに行くそうだ。それが普通。 チャオラさんは、俺は32歳に結婚をするんだと言ってる。もちろん占い師に言われたのだ。 聞く限り、インド人は定期的に占いに行って、人生の相談をしている。そして、自分のストーンを身につけている。

しかし、イエローサファイヤを買わないと、占いを保障しないぜ。というのはうそ臭すぎる。

ちなみに、イエローサファイアはパワーストーンとして有名で、意味は、富と繁栄らしいです。ガネーシャが宿り、富と繁栄を与える宝石として人気があって、インド人がお守りの指輪として使うので、他の色のように日本ではあまり手に入らないそうです。 インド人はみんな指輪してるので、イエローサファイアをしてたら話しかけられるそうです。

インドの占いは、インド旅行記4日目のアグラで行きました。
ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ

コメントする

このブログについて
デリー、アグラ、バラナシ3都市のインド旅行。 デリーでホームステイと観光、アグラのタージマハル、寝台列車、ガンジス川の沐浴、トイレ事情、カレーなど、お決まりのインド旅行9日間:2010年

インドガイド

スポンサー