インドの世界遺産タージマハル観光

インドと言えば、世界遺産のタージマハル。インド北部のアグラにあります。道路が混んでて到着したのが18時過ぎで、チケット売り場は大行列!

入れるのかどうかハラハラしましたが、ガイドが現地の人に賄賂を渡して、順番抜かして割り込みました。ものすごい行列なので、個人で来てたら入れなかったと思う。タージ・マハルは夕方がキレイですが、混雑するので注意です。

それにしても、おおっぴらに金を渡してます。現地ガイドの仕事をよそ者がガイドが取ってしまってるので、当然の配慮だとガイドは言ってました。

タージマハルとは?

タージ・マハルは、ムガール帝国の第5代皇帝が亡くなった妃のために作った巨大な墓です。大理石使いまくって、幽閉された皇帝です。 彼の愛の結晶がタージ・マハルなので、愛の墓と呼ばれてました。
歴代ムガール帝国の支配者はイスラム教徒なので、タージ・マハルには白い服装をしたイスラムの人が多い。
タージ・マハルが向こうに
門の向こうにタージ・マハルが見えます。
タージ・マハル
ガイドはタージ・マハルには入らないので、中では自由行動になりました。見飽きたからかな。と思いましたが、宗教上の問題のような気もします。ヒンズー教のガイドはイスラムのタージ・マハルにどんな気持ちを持っているのでしょうか?アグラ城は入ってたから気にしてないのかな?
タージ・マハル
夕焼けのタージ・マハルがとてもキレイ。
タージ・マハルで知らんグループと仲良くなる様子
アグラ城でもタージ・マハルでもやたらと話しかけられます。 日本人が珍しいのでしょうか?
日本人女性たちと写真を撮らせてくれ、と僕に許可を取りに来ます。保護者扱いです。 写真を撮り終わると、とても満足して去っていきますが、撮影中は無愛想な顔。

このとき、インド人のしかめっ面に悪気がないんだな。と思いました。

残念ながら、僕と写真を撮りたいインド人はいませんでした。
タージ・マハルから見た景色
西インドからやってきたという15人の団体さんは何を言ってるか分からんかったけど、仲良くなって、しばらく仲良く行動をともにしました。全く会話が成立しなくても仲良くなれるものです。
タージ・マハル
タージマハルの帰り道には物売りの子供がスタンバイしてます。こいつらが結構しつこい。 最後の最後に売れなくて諦めるときは、ちんこまんこ。と言って去っていきました。 ここでの捨てセリフのようです。誰が教えるんでしょうか?

インドのタージマハル観光は、インド旅行記4日目のアグラで行きました。
ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ

コメントする

このブログについて
デリー、アグラ、バラナシ3都市のインド旅行。 デリーでホームステイと観光、アグラのタージマハル、寝台列車、ガンジス川の沐浴、トイレ事情、カレーなど、お決まりのインド旅行9日間:2010年

インドガイド

スポンサー